企業に就職した後で配属される「部署」望み通りになることは少ないようです。

大企業における部署とその役割

企業は、様々な部署が専門的な役割を担うことで日々成長をしながら運営されています。
大企業においては部署の専門性は特に顕著です。

 

就職活動においては、まず会社を運営する上で根幹となる部署の種類とその役割をしっかり理解しておくことで、働くイメージを掴む事が大切になるでしょう。

部門と部署の違いとは

 

営業部

営業部のキャリアウーマンどの企業でも要となる、企業における代表的な部署が「営業部」です。

 

一口に営業と言っても、一般的な外回りのイメージが強い”フィールドセールス”や、電話やメールを用いて商談を取り付ける”インサイドセール”など、部内には様々な領域で仕事に取り組む人が同居しています。

 

売上を左右する重要な役割を担う

営業部では、主に顧客と直接対話を行い商品を販売する契約を取り付けることを目標としています。

 

そのため、営業部は売り上げに直結する重要な役割であると同時に「会社の顔」としても大きな責任を背負う部署になります。

 

 

総務部

営業部が外に働きかけて会社の売り上げ獲得を使命とするならば「総務部」は社内における繋がりの起点とされており「企業の成長」を担う部署になります。

 

社員の労働環境を向上させる為の「備品の管理・購入」や、入社の決め手としても注目される「福利厚生」の整備も、会社の成長に欠かせない要素で総務部の役割となります。

 

社内を繋ぐハシゴとなる重要な部署

企業における全ての部署との関わりで仕事を進めていく総務部は、全体を理解してるが故に「よろず屋」のような役割を任されることも珍しくありません。

 

しかし、企業が大きくなるにつれ、それぞれの分野に特化した部署では扱いきれない業務を担う総務部は、企業全体の「パイプ役」として不可欠な部署になるでしょう。

 

 

経理部

電卓と収支表「経理部」は企業における取引の流れを数字で管理する重要なポジションを担う部署です。

 

主な仕事は日々のお金の流れを1年間の会計年度(企業ごとに取り決めた収支を管理する期間)単位で管理するといった「会計業務」です。

 

直接的な売り上げは生み出せませんが、組織を運営する上で欠かせない部署になります。

 

会社を左右する潜在力を秘めている

企業として一手打つ際に必ず必要になるのがお金の情報です。
”自分がいくら持っていて使えるのはいくらか”と言うことの重要性は日々の生活で痛いほど実感できることだと思います。

 

経理部は会社の運命を左右する局面に必要とされる重要な部署です。

 

お金の記録はミスが決して許されず、大企業になるほどルーティーン化されているので地味で退屈に感じることもあるかもしれません。

 

中小以下の規模の会社の場合なら、会社に万が一のピンチが訪れた際の対処法についても学んでおく必要があります。資金調達は銀行融資だけでなく多様化してきています。

 

特にファクタリングは最近になって出てきた資金調達法ではありますが、利便性やスピード感が評価され導入が盛んになっています。

 

経理部を希望する方は事前にファクタリングについて紹介されているサイトを活用して概要を理解しておくと良いでしょう。

 

 

人事部

”ヒト・モノ・金・情報”といった企業に重要な四大要素のなかでも最も難しく、しかし不可欠な「ヒト」というリソースを取り扱うことを専門とした部署が「人事部」です。

 

私たちが企業にアプローチをする”採用活動”から始まり、入社してからの労働環境の管理、昇進・昇給といった労働者における重要な業務を執り行っています。

 

ヒトというリソースは会社の本質となる

多くの会社が1人の社長のもとで運営されるように、1人あたりの人間におけるリソースは非常に大きく、決して軽視できるものではありません。

 

企業が成長するほど1人1人に合わせた適切な能力管理が難しくなり、持て余してしまう可能性が大きくなります。

 

そのような企業の損失を生み出さないためにもヒトの管理に優れた人事部が必要となってくるのです。

 

 

法務部

裁判のハンマーと振り子”コンプライアンス”と言う言葉が流行したことからも分かるように、年々企業における法律との関係性は重要になっています。

 

そのため、法律という仕組みを正しく理解し、企業の利益につながるために適切な関係を気付く為のプロフェッショナルが必要になります。それが「法務部」の役割です。

 

企業の攻めと守りの砦を担う

企業の売り上げを獲得する際に必ず必要となる「契約」は法務部が最も権威を発揮するフィールドになります。

 

会社の利益を守ることはもちろんですが、他社から利益を脅かされないよう守りを固めるための砦となるのも法務部の役割と言えるでしょう。

 

求められるスキルは高いものになりますが、確実に人材を確保したい部署になります。

 

 

各部署の役割からビジョンを固めていく

ご紹介した部署は代表的なものに過ぎず、会社の数だけ部署と役割は多様化しています。

 

もし就職のビジョンが見えてこない場合は、まずは一般的な企業におけるポジションを理解しておくことが、本当に自分が望んでいる就職に繋がるのではないでしょうか。

 

大企業の配属ガチャ問題とは

ページの先頭へ戻る