部門の仕事内容を更に細かく分けたものを一般的に部署と呼びます。

部署とは?

部署分けの図「部署」とは、専門性に特化した役割を取りまとめる組織図上のカテゴリです。

 

売り上げに大きく貢献する「営業部」、営業部が販売するモノやサービスを生み出す「生産部」、売り上げとは関わらない立場で他の社員の労働環境を管理する「人事部」や、会社の成長を目的とする「総務部」など、さまざまな専門のカテゴリが”部署”として存在します。

 

部門とは?

「部門」とは、一般的には”部署の上のレイヤー”として存在しており、各部署を取りまとめる役割を果たしています。

 

会社によっては部門の下に各支店の営業所が配置されている場合もありますが、同じ事業所内で部門が存在する場合は「スタッフ部門」と「ライン部門」の2つの大きな部門にカテゴライズされます。

 

ライン部門

「ライン部門」とは、利益を上げることを目標とした部署が配置される部門です。

 

代表的な部署は”営業部”で、商品やサービスを直接販売する会社の顔とされる部分になります。
また、彼らが取り扱う商品やサービスを生み出す”生産部”もライン部門として扱われています。

 

スタッフ部門

「スタッフ部門」は、ライン部門をサポートする会社の内側の組織です。

 

”総務部”や”人事部”、”経理部”と言った、売り上げに対して間接的に関与する部署の元締めとなる存在で「間接部門」とも言われています。

 

 

組織に応じた上下関係の把握が重要

部署も部門も英語に当てはめると、どちらも「Department」とされるように、明確な違いはありません。

 

また、部門・部署・課と言った組織構成を取り仕切る明確な法律も存在していないです。なので各社によって部門・部署・課の上下関係は異なります。

 

しかし、一般的な話となれば「部門」は”複数にわたる部署を統括する立場”にあり、「部署」は”部門の下に位置付けられ、複数ある課をとりまとめる立場”となります。

 

 

大学に当てはめると理解がしやすくなる

早稲田大学の講堂会社と言う枠組みとなると突然難しく感じてしまうかもしれませんが、現在所属している大学の組織図に置き換えるといくらか理解しやすくなります。

 

例えば「○○大学××学部△△学科」に所属していれば「○○大学 > ××学部 > △△学科」のように、大学を一番上におき、その下に学部、その下に学科と言うような立ち位置になります。

 

これが「○○社××部門△△部署」に所属している場合は「○○社 > ××部門 > △△部署」となり、会社を起点に部門、部署と続く組織図となるのです。

 

 

部署や部門への理解は企業分析の第一歩

大企業になればなるほど、各専門分野が幅広く展開されており、それに準じた部門・部署・課が展開されています。

 

まずは自分の志望する職種が「ライン部門」と「スタッフ部門」という大きな区分のうちどちらなのかを明確にすることで企業分析が一歩深まるのでは無いでしょうか。

 

ページの先頭へ戻る