ファーストキャリアは人生に大きな影響を与えるので後悔しない会社選びを行うことが大切です。

ファーストキャリアとは?

「ファーストキャリア」とは、一番最初に就いた仕事のことです。

 

アルバイトやパートとは異なり、社会人として初めての生活をスタートさせる重要な分岐点となります。

 

その後のキャリアプランに大きく影響するファーストキャリアは、自分の意思で確実に選択していく必要があるでしょう。

 

 

これからの社会人生活の土台を築き上げる

卒業した大学生これまで否定的だった転職についての意見が変化していく世の中で”ファーストキャリアが全て”の時代は終わりつつあります。

 

しかし、どの会社に転職する際にもファーストキャリアで得た経験を基準に転職の際の会社選びを行うようになります。

 

また、転職はマジョリティになったとはいえ、依然として異業種への転職は難しいとされています。

 

社会人としての基礎知識も学ぶ事ができ、自分のキャリアプランの方針もある程度の舵を取る必要があるファーストキャリアは大変重要になってくるのです。

 

 

理想へと近づくための会社選びを

ファーストキャリアで選ぶべき会社の条件は人それぞれだと思います。

 

給与、福利厚生、勤務時間、それらは非常に大切な要素になりますが、もし将来的にジョブホッパーとしてスキルアップを目指すならば「仕事」にしっかり目を向けて会社を選ぶ必要があるでしょう。

 

やりたい仕事ができる

会社に入り社会人生活を送るならば「学び」があることは不可欠になります。

 

特に転職を視野に入れている場合は”前職でどれだけの成長を見せたか”を表現する事が大切になるので、入社の前に必ずそのような環境があるか確かめる必要があります。

 

成長できるかどうかの指標は「やりたい仕事に手をあげるチャンスがあるか」「上司や会社とこまめな意思疎通は可能か」などの条件で判別することができます。

 

OB・OG訪問の際にこれらの質問をして、社員の成長度合いをしっかりと見極めましょう

 

新卒でしか入れない会社を選ぶ

どうしても方針が定まらない場合「新卒で入れる限りの大手企業に入社する」という手段もあります。

 

福利厚生や給与面が優遇されているのはもちろんのこと、どのような業界でも最先端のテクノロジーに触れる事ができるでしょう。
大企業は安定性が高く会社のネームバリューも強力な一方で、自分だけの裁量で仕事を進めることは難しくなります。

 

自分のアイデアを生かしたいと思ったらベンチャー企業のような意思決定者との距離が近い企業を選択するべきである点に注意が必要です。

 

 

迷ったら社会人として能力を伸ばすこと

ステップアップを目指すイメージファーストキャリアを選ぶことは大変なことです。

 

そのため”自分のやりたいこと”や業界を研究しているうちに疲れ果ててしまい、自分の歩みたい道のりがわからなくなってしまう人も少なくないでしょう。

 

その場合は社会人に不可欠な「コミュニケーション能力」や「決めたことをやり抜く力」を養える会社を選ぶというのも良いかもしれません。

 

ファーストキャリアは人生に大きな影響を与えます。

 

どんな場合でも前向きな理由で会社選びを行える事が大切なのではないでしょうか。

 

部署異動が多い人

ページの先頭へ戻る