大企業に就職できたのに退職してしまう理由の一つが「配属ガチャ問題」です。

配属ガチャとはどのような考えなのか

ソーシャルゲームでガチャをする男性日本で活躍する現役世代のスマホ所持率は90%にも到達していると言う現代において、スマホを利用した「ソーシャルゲーム」の普及も爆発的な数字を誇っています。

 

ソーシャルゲームは、ゲームを有利に進めるために「ガチャ」と言うシステムを利用して「ゲームを有利に進めるための性能の良いキャラクター」をランダムに手に入れる事ができます。

ガチャのギャンブル性と、大企業での就職における配属先の理不尽な変更を揶揄して「配属ガチャ」というフレーズが流行しました。

 

 

新卒は希望した配属先にいけない?

日本という国の就職活動における王道のレールに乗るのならば、決まった時期に会社が始めた一括採用に「会社に入りたい人」が大勢応募をする形になります。

 

そのスタイルの特徴は、会社にとって安定した地盤を確保する採用方法ですが、新卒者にとってはギャップが発生する最大のポイントとも言えます。

 

なぜなら一括採用は「採用→配属」と言う流れがあり、その雇用人数の多さから”採用した後に均等に配属先を決めて会社のバランスを取らなければいけない”と言う事情があるからです。

 

例えば大企業で100人の一括採用をした後に経理希望者が90人いるとしたら、全員を経理にするわけにも行かないので分散させなければいけないと言った具合です。

 

これにより、新卒一括採用を行っている大企業では、希望職種に対して目立つ強みが無い限りは納得のいく配属が行われる事がないと言うことになります。

配属先はどのように決まるのか

配属先のギャップは早期退職のトリガーに

新卒で入社した会社を3年以内に辞める割合は”3割”と言う現状は広く知れ渡っていますが、日本では20年以上に及びこの状態が続いています。

 

その理由として最も多くの声が上がっているのが「配属先が希望のものでなかった」という、仕事内容へのギャップです。

 

配属ガチャは雇用に関する大きな問題として捉えられるべきでしょう。

 

 

 

配属転換を避ける方法はあるのか

今後に悩む新卒社員先述したとおり、新卒一括採用における会社の思惑は”会社にとって最適な配属”を目標としています。

 

これにより、就職した段階で不服な配属先への配置を避ける方法は相当の困難を極めるでしょう。

 

それでも配属の希望を実現させたい場合は「希望部署の先輩や同期との接触を増やす」努力をしましょう。

 

実力があることはもちろんですが、採用時に自分の能力を伝える力が足りなかった点を考えるとまずは多くの支持を集める事が大切になります。

 

後輩の熱意をしっかりと上に伝えることのできる人に実力を認めてもらい、引き揚げてもらうと可能性が見えてくるかもしれません。

 

しかし、所属する部署における上司のメンツや人間関係を悪化させないためにも細心の注意を払う必要があることに気をつけましょう。

 

 

転職も、我慢も可能性は開ける

「配属ガチャ問題」にて、どうしても苦しくなった場合は直ちに転職することも可能です。
しかし、我慢することで将来的に希望が叶う可能性もあります。

 

ご自身の心の中でしっかりと意見を決めてその先の選択を選ぶ必要があるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る