人事異動を避けたいと思ったら、その部署のキーパーソンになることが重要です。

異動が多い人の意外な特徴

明確に宣言されているわけではないものの、どうしても異動の対象となりやすい人は一定数存在します
ですが、なるべくなら希望の配属先である今の部署で異動を避けて社会人生活を送りたいもの。

 

そうするためには、先日移動したあの人から”異動が多い人の特徴”を学んでおく必要があるでしょう。

 

要領が悪く、効率よく仕事ができない

業績低迷に悩む人「仕事のペースが遅い」「自己中心的である」「怒られても反省して次に生かす事ができない」など、要領が悪く単純に仕事ができない人は異動の対象となる可能性が他の人より高くなります。

 

しかし、このような人を異動の候補としてあげるのは、ただ単に扱いに困るから追い出したいというわけではありません

 

もしかしたら他部署でならポテンシャルを生かせるかもしれないという希望を込めて異動という手段を施している場合もあります。

 

仕事ができなくて異動を余儀なくされた場合は、自分には何を期待されているのか、再確認する必要があるでしょう。

 

部署に囚われないポテンシャルを発揮する

大企業という規模でも稀な話ですが「部署に囚われず仕事を上手く回す事ができる」人材が存在します。

 

そのような人材は非常に優秀で、異動とは程遠い存在のように感じるかもしれませんが、却って異動の候補として挙げられてしまう事があります。

 

例えば会社にテコ入れをしたい部署があった場合、顔が広く優秀な社員は”役員からの鶴の一声”で該当の部署に改革を起こすことを期待され、異動させられてしまうかもしれません。

 

優秀ならば必ず安心と高を括ることはできないようです。

 

 

会社が部署異動を宣告する理由

異動が多い人の特徴からわかるように、必ずしも仕事ができるから異動の心配がないとは言えません。

 

なぜこのような事態が起こるのかというと「会社は利益を最優先した人事異動を行う必要がある」からと言えるでしょう。

 

会社の利益を生み出すためには個人のパフォーマンスにフォーカスする必要があり、個人のパフォーマンスという観点で見れば”部署を跨いで仕事が行える人材の方が価値がある”という考えが、一見理不尽とも思える人事異動を行う動機となっているのです。

 

 

部署のキーパーソンになることが重要

チームのキーパーソン人事異動を避けたいと思った場合、その部署において着実に成果を上げる事が大切になります。

 

部署を跨いで仕事ができる人とは対照的に”その部署でいちばんのスペシャリスト”という形で証明する優秀さもあります。

 

その人にしか対応できない仕事があるくらいの「キーパーソン」として成長する事ができれば、部署としても手放したくない人材となるでしょう。

 

 

人それぞれの「欠かせない」を見つけよう

部署異動が多い人もいれば全くそういった問題に悩まされない人もいます。

 

すぐに仕事ができる人間になるのは難しいですが、目の前の仕事にしっかりと取り組み「部署の雰囲気に欠かせない」人材になる事が異動の悩みから解放される着実な道のりなのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る