新しい環境でも成果を出すコツは良好な人間関係を構築する努力です。

部署異動の際に忘れてはいけない事

新しい部署の上司に励まされる突然の部署異動は、身の回りの整理、仕事の引き継ぎ、新しい環境の予習など様々なことに気を回さなくてはいけなく、大きな苦労や不安を伴います。

 

しかし、不安なのはあなただけではありません

 

新しくあなたを迎え入れる部署のメンバーも、あなたと上手にやっていけるか不安な気持ちに駆られています。

 

これから先長くお世話になるかもしれない部署において、最初の少しの気遣いが今後の良好な仕事関係につながることを忘れないようにしましょう。

 

 

良好な関係を築き上げるためのポイント

新しい部署に来たからには、人間関係はもちろん、仕事のスキルさえリセットされたも同然の状態になります。

 

それまで培ってきたスキルを大切にしながらも、一から頑張る謙虚な姿勢を再確認する事が良好な人間関係を築き上げるために大切になるでしょう。

 

明るくクリーンな第一印象を

”初頭効果”が有名なように、初対面の人間が与える印象はその後の人間関係に深く関係している事がわかっています。

 

人間性は一度悪い印象が根付いてしまえば挽回するのは至難の技です。

 

仕事と私情は別物と言えども、悪い印象を与えてしまえば少なからず仕事に支障をきたすでしょう。

 

まずは「誰にでも挨拶をする」「はっきりと相手に伝わる声量で話しかける」ことで、新しい仲間に余計な心配を与えずに、仕事に関しても不自由ない良好な関係を築き上げる事ができるでしょう。

 

学ぶ姿勢を忘れずに

大企業での部署異動は、さながら”転職”のようなものと言われるように、これまでの環境が大きく変化します。

 

それは仕事の進め方にも同じ事が言えるもので「前の部署でのメソッドが一切通じない」といったことは珍しくありません。
また、下手に前の部署と同じような仕事の進め方を行えば、最悪の場合トラブルに発展する可能性もあります

 

最初のうちは変化に戸惑いを感じるかもしれませんが「その部署では一番の新人である」といった謙虚な気持ちで何事も受け入れる姿勢が大切になるでしょう。

 

できそうな仕事は積極的に取り組む

着任したばかりの頃は、なかなか周りの社員たちのように仕事を行うことはできません。かといって何もしなければ「やっぱりやる気が出ないのかな?」と周りの人を不安にさせてしまう可能性も考えられます。

 

そのような場合、他の人が忙しくて手が回らない仕事を積極的に片付けていきましょう

 

例えばホワイトボードの清掃をする、議事録の要点をまとめる、などの細かい仕事を率先して行うことで、周りから”よく働く”という印象を受けやすくなり「信頼感」を得る原因にもなるでしょう。
雑用も頑張る女性

 

人間関係が良好なら”もう少し”頑張れる

不本意な部署異動で人によっては安易に転職を進めることもできない中でも、「とりあえず頑張ってみる」といった姿勢は大切になります。

 

その勇気を無駄にしないためにも、良好な人間関係を築き上げる努力をする事が新しい環境でも成果を出すためのコツなのではないでしょうか。

 

望まない部署異動

ページの先頭へ戻る