自分の仕事を見つめ直して決断をすることが今後の良好なキャリア形成につながります。

望まぬ部署異動への3つの対策

飛行機に乗って転勤上司からの指令による受動的な部署異動において、結果的に「望まない異動」となる場合は少なくありません。

 

大企業における部署異動は”転職”と同義といっても過言ではないほど、大きな環境の変化を引き起こす重大な出来事です。

 

そんな状況で我々には3パターンほど対応するための手段が用意されています。

 

 

正当な理由を持って交渉を行う

望まぬ部署異動を宣告されたとしても、場合によってはそれを拒否できる可能性があります。

 

例えば”入社時に交わした契約書に指定されている勤務地以外の場所への異動”を命じられた場合、会社側の違反を申し立てる事ができるので、拒否することができます。

 

また”親の介護”や”子供が重大な病気で、かかりつけ医がいる”ことを会社が認知している上での無理な異動は、労働者に不利益を生じるので拒否できる可能性があります。

 

以上のような場合は異動を拒否できる稀なケースと言えますが、その他正当な理由がない場合の拒否は「懲戒解雇」に繋がる可能性があるので注意が必要です。

 

 

前向きに捉え、環境に適応する

上司から正式に部署異動の通告があれば、基本的には免れることはできないと考えて良いでしょう。

 

その場合は”新天地から再スタートをする”という心構えで受け入れてしまう姿勢も大切になります。

 

部署異動を受け入れた現役世代の意見を参考にすると「結果的にスキルアップにつながった」「かつてより年収が上がった」というプラスに転じる可能性も見えてきます。

 

諸手当の増減を除けば、基本的に給与が下がることは起こりません。

 

在籍することで何かしらの利益がある場合は受け入れて様子を見ることも有効的でしょう。

 

 

思い切って転職を行う

引っ越しの荷物どうしても部署異動が受け入れられず、職種にこだわりがある場合は「転職」に向けて活動することも視野に入れる必要があります。

 

転職をする事は、職種はそのままに年収を上げる可能性を秘めているため、有効な手段とされているのです。
しかし、準備なしに転職をすることは危険とされているのも事実でしょう。

 

転職を行う場合は”自己都合退職”とみなされます。

 

その場合、失業給付金の開始日は3ヶ月と7日という条件がつくなどの”金銭面でのリスク”が起こる場合もあります。

 

異動の告知は何日前までにしなければならないという決まりがないため、転職スタートの時期も計算する事ができません。

 

生活をする上で必要なリスクをしっかりと把握した上で行動する事が求められるでしょう。

 

 

自分の仕事を見つめ直して決断をする

会社の利益を優先させた人事異動には少なからず不満がつきものです。

 

その機会に転職するのも、諦めて順応してしまうのも有効的な手段でしょう。

 

基本的に避けられるものではないという考えをもとに「働く上で一番大切なものは何か」を改めて考え直して決断する事が、今後の良好なキャリア形成につながるのではないでしょうか。

部署異動の方法

ページの先頭へ戻る