大企業での異動は転職活動と変わらないので業界研究や情報取集を怠ってはいけません。

最初に人事制度を確認しておく

異動届けを書く人異動届を出すにあたり、大企業ともなれば”人事制度”に則した手続きを行わなければいけません。

 

2017年頃にはDeNAが”現部署と直属の上司の合意なしに可能な部署移動”が話題になりましたが、一般的には「代表的な3つの人事制度」の内のどれを採用しているか、正しく理解して部署移動の手続きを行わなければいけません。

 

 

自己申告制度

部署移動の手段として最も認知されている人事制度が「自己申告制度」です。

 

従業員が自ら希望の部署や、その部署にて評価すべき成果を申告する制度で、書面のほかに一部の企業ではWebによるアンケートで提出をする形も採用されている仕組みになります。

 

 

社内公募制度

社内公募制度」は、自己申告制度とは異なり、部署や職種の中でポストに空きが出た際に”社員”の中から希望者を募る制度です。

 

従来の上司からの命による”意にそぐわない異動”とは一線を画す取り組みで、自らの希望でチャレンジする事ができることから、前向きな部署異動が可能となっています。

 

 

社内FA制度

社内FA(フリーエージェント)制度」は、社員が自ら能力や実績を希望部署に自己推薦する人事異動制度になります。

 

社内公募制度のように、自らの希望を強く反映させられるメリットがある一方、人事部との繋がりは薄く、社内FA制度を利用した場合は個人での立ち回りが重要になるでしょう。

 

 

異動成功のためにやるべき事

大企業での部署異動は、その専門性の高さから「転職」と同一視しても良いほど全く違う環境・習慣に参加することになります。

 

よって部署異動と軽視せずに「会社を変える時のような意気込み」で活動を行わなければ成功は難しいでしょう。

 

普段から同期との交流を深め、情報収集を怠らないようにする他”社内報”などを上手に活用して「希望部署の業界分析」を行う事が重要になります。

 

 

いざ実行、意中の部署には熱意を伝える

ガッツポーズのスーツを来た女性部署異動に必要な業界研究や情報収集が落ち着いてきたら、意中の部署を管理する上司に直接交渉をする必要があります。

 

一刻も早く熱量を受け取ってもらいたいところですが、交渉の際のポイントは「焦らない」ことです。

 

熱意が暴走していると「そこまで今の部署に在籍したくない理由が他にあるのかもしれない」という邪念を相手の上司に生み出してしまう可能性もあります。

 

気持ちを伝える際は、まずは焦らず、食事会や飲み会などで関わりを持てる機会に「希望部署に対してプラス思考であること」から徐々に自分の熱意を刷り込んでいくようにしましょう。

 

 

転職のように丁寧に進めよう

大企業での異動はさながら転職活動のようなもので、業界研究や情報収集が要になります。

 

また、同じ会社内での活動なだけに「人間関係に対しての意見」や「現在の仕事に対する姿勢」などには一層気を使わなければいけません。

 

自分の熱意を正しく伝えるためにも、丁寧な活動が求められるのでは無いでしょうか。

ページの先頭へ戻る